身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」インタビュー記事を公開しました!

身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」
インタビュー記事を公開しました!

arrow_forward

東京2020 NIPPONフェスティバル「ONE-Our New Episode-Presented by Japan Airlines」の配信内容が決定しました! 自宅で神奈川県ゆかりの文化芸術を楽しもう!

神奈川県

記者発表資料

2021年08月10日

出典:神奈川県 ホームページ

記事URL:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/prs/r7037977.html

bookmark_border あとで読む

キービジュアル

令和3年7月12日(月曜日)に記者発表しました「東京2020 NIPPONフェスティバル」主催プログラム「ONE-Our New Episode-Presented by Japan Airlines」のコンテンツの一つ、「Our Glorious Future ~KANAGAWA 2021~」のオンライン配信の内容や配信日が決定しました。
是非神奈川県にゆかりのある一流アーティストによる映像を、御自宅でお楽しみください。
なお、本事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じております。

 

1 配信内容

詳細は別紙のとおり。

別紙(PDF:1,010KB)

2 配信スケジュール(予定)

  内容 配信(公開)開始日
全体紹介 各部門ダイジェスト映像 9月10日(金曜日)
ダンスのミライ

ディレクション:森山開次

(1)AR森山開次「心臓」「胆のう」

(2)新作映像「BODY face | 目と目で向き合う」「BODY resonance | からだの音色」ほか

(3)新作映像 大前光市×LIVE BONE

(4)パフォーマンス ひびのこづえ×ホワイトアスパラガス×川瀬浩介「WONDER WATER」

(1)8月16日(月曜日)

(2)8月23日(月曜日)

(3)8月25日(水曜日)

(4)9月10日(金曜日)

演劇のミライ

総合ディレクション:多田淳之介

(1)しる・やる・かわる共生ドキュメント

  • 老いとの共生

 『菅原直樹氏:老いとボケと演劇~認知症の人と“いま、ここ“を楽しむ~』

  • モノとの共生

 『大月ヒロ子氏:くふうよ!→(きったり・ぬったり・つないだり)→!ようふく』

  • 自分との共生

 『ヴィヴィアン佐藤氏:名付けられない時間、名付けられない空間、名付けられない自分』

(2)いる・おどるセレモニードキュメント

 『わんす おぼん な たいむ』(取材対応可)

(1)(2)9月10日(金曜日)
アートのミライ

キュレーション:藤川悠

(1)「あなたは、翌日私に会いにそこに戻ってくるでしょう。」津田道子

(2)「Culturing <O/Paper>cut」岩崎秀雄

(3)「ステラノーヴァ」MATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕

(4)「空気の研究」三原聡一郎

(5)「Ether - liquid mirror -」佐久間海土

(一部取材対応可)

(1)~(5)9月3日(金曜日)

音楽のミライ

(1)「楽しさを分かち合おう!」サルサガムテープ

(2)「時をかける韻(ヒビキ) ~奇蹟の尺八 三橋貴風~」三橋貴風

(1)(2)9月10日(金曜日)
工芸のミライ

(1)「青・黄・黒・緑・赤 前田正博作陶50周年 色の風景展

 同時開催 白石和宏・小林佐和子 神奈川の作家展」

(2)トークショー「工芸から見える日本酒のミライ」

 前田正博、植野広生ほか

(1)(2)9月10日(金曜日)

 

※上記動画は、公式サイト(https://kanagawa.nippon-fes-one.tokyo2020.org/(別ウィンドウで開きます))から御覧ください。

 また、配信スケジュールは変更する場合があります。配信開始時間も含め最新情報は公式サイトを御確認ください。

※公式サイトは、8月16日(月曜日)に配信用にリニューアル予定です。

3 取材について

8月14日(土曜日)16時30分から18時00分まで取材時間(演劇のミライの一部とアートのミライの一部作品が取材対応可能)を設けます。取材を希望される場合は、8月13日(金曜日)12時までに問合せ先に御連絡ください。

 

※東京2020 NIPPONフェスティバル東京NIPPONフェスティバルロゴ

オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であるとともに文化の祭典でもあります。東京2020 NIPPONフェスティバルとは、世界の注目が日本・東京に集まる2021年4月から9月にかけて実施される、東京2020大会の公式文化プログラムです。

スポーツと共にあらゆる境界を超えた連帯の象徴として平和な社会の実現に貢献しつつ、日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すこと、そして文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けた期待感を高めることを目的としています。

詳細は、東京2020 NIPPONフェスティバル公式サイト(https://olympics.com/tokyo-2020/ja/events/nippon-festival/)を御覧ください。

 

神奈川県国際文化観光局文化課

マグカル担当課長 中里

電話 045-285-0760

文化プログラムグループ 松井

電話 045-285-0220

神奈川県

  • このページは各自治体のプレスリリースを元に作成されています。

  • 表示に乱れがある場合は、 お問い合わせフォーム からご連絡ください。

star_border

お気に入り