身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」インタビュー記事を公開しました!

身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」
インタビュー記事を公開しました!

arrow_forward

個人情報の記載された書類の誤送付について

大阪府

報道発表資料

2021年4月16日

出典:大阪府 ホームページ

記事URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=41181

bookmark_border あとで読む

提供時間

14時0分

内容

 和泉保健所(以下、「保健所」という。)において、個人情報が記された「入院勧告通知書」を誤送付するという事案が発生しました。
 このような事態を招いたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。
 *入院勧告通知書とは、感染症法(※)(以下、「法」という。)に定められた、新型コロナウイルス感染症(以下、「新型コロナ」という。)の患者の入院勧告に関して必要な内容を記載した書類。法第19条に基づき72時間以内で入院を勧告するものと法第20条に基づき72時間を超え、10日以内の期間で入院を勧告するものがある。
 (※)感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

1.書類に記載された個人情報
 ・書類に記載されていたA氏及びB氏の氏名、新型コロナに感染した事実(症状、初診日、診断日)

2.経緯
〇令和3年4月5日(月曜日)
 ・新型コロナウイルス感染症の陽性が確認されたA氏及びB氏の入院勧告通知書(法第19条及び第20条に基づくもの2枚)を作成し郵送した。
〇令和3年4月7日(水曜日)
 ・A氏が、手元に届いた2枚の通知書のうち1枚(法第20条に基づくもの)がB氏あての通知書であることに気づき、保健所へ連絡したことにより判明した。
 ・保健所担当者からB氏に連絡し、通知書の内容について確認したところ、通知書のうち1枚(法第20条に基づくもの)がA氏あての通知書と入れ替わっていたことが確認された。
 ・保健所から両氏宅を訪問し、説明と謝罪を行い、了承を得たうえで書類を回収し、あらためて本人宛の書類を郵送した。
 ・なお、法第19条に基づく入院勧告通知書については、誤送付はなかった。

3.誤送付の原因
 ・書類の1枚目と2枚目の宛名を確認せず、封入作業を行った。
  ・A氏及びB氏の入院勧告通知書を封入する際、複数の職員でのチェックを行っていなかったため、2枚目が入れ替わっていることに気づかなかった。

4.再発防止策
 ・封入の際、複数の職員で確認することを徹底する。
 ・所属内職員に対して本事案を周知し、改めて個人情報の適正な取り扱いを行うよう注意喚起を行う。

資料提供ID

41181

健康医療部  保健医療室感染症対策企画課  個別事象対応グループ

ダイヤルイン番号:06-6944-9156

メールアドレス:kansenshotaisaku-g03@gbox.pref.osaka.lg.jp

大阪府

  • このページは各自治体のプレスリリースを元に作成されています。

  • 表示に乱れがある場合は、 お問い合わせフォーム からご連絡ください。

star_border

お気に入り