身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」インタビュー記事を公開しました!

身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」
インタビュー記事を公開しました!

arrow_forward

~私の推し?・・・やっぱ神戸の水素かな~ Ocean's 17 2nd eventを開催します【参加者募集】

神戸市

報道発表資料

2021年9月17日

出典:神戸市 ホームページ

記事URL:https://www.city.kobe.lg.jp/a22668/031727746276.html

bookmark_border あとで読む

記者資料提供(令和3年9月17日)

神戸市では、海洋産業の振興や、海洋人材の育成の取り組みを進めるため、次代を担う若い世代を対象に、神戸の海を舞台にした職業に触れることが出来る様々なイベントの開催に取り組んでいきます。
今回、川崎重工業株式会社と連携し、高校生を対象とした神戸の海洋人材育成プログラムの第2弾として『Ocean’s 17 2nd event』を開催します。今回のSDGsのテーマは「7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに」。ぜひ、この機会に神戸の海洋産業や水素社会への取り組みについて学んでみてください。
7_SDGs

1.プログラム概要
・開催日時:令和3年10月31日(日曜日) 13時30分~17時00分頃
・開催会場:神戸空港団体待合室 C室
  (ポートライナー神戸空港駅 降りてすぐ)
・プログラム
13時00分 開場、受付
13時30分 開会
 川崎重工業株式会社
 ・ワークショップ1(水素の可能性)
 ・ワークショップ2(防熱技術を実感)
15時45分
 神戸空港島液化水素荷役基地見学
17時00分 閉会
 
神戸空港近くの丸いタンク、見たことありますか?
ゆくゆくは、はるか9000km先のオーストラリアから、なんと-253℃まで冷やした状態を保ったまま、
液体の「水素」が船で運ばれ、貯蔵される予定です。
 
新たなエネルギーとして世界を変えるポテンシャルを秘める「水素」。
 
世界の水素ビジネスをリードする神戸の企業「Kawasaki」が、液体の水素を運ぶ、
貯める技術について考えるワークショップと、水素基地の見学会を企画しました。
 
海を舞台に広がりを見せる「水素」の将来性、技術力の凄さを現役エンジニアと一緒に
考えてみませんか?
川崎重工業ワークショップ
【ワークショップイメージ】

神戸空港島英気化水素荷役基地
【神戸空港島液化水素荷役基地】

2.対象
神戸市内在住、又は在学の高校生

3.参加費
無料

4.募集人数
20名程度
・申込多数の場合は抽選になります。
・抽選の結果は、10月18日(月曜日)から21日(水曜日)までにご連絡します。
・参加者には、別途当日の案内をメールにてご連絡します。

5.申込方法
以下ページのフォームよりお申し込みください。
https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/ocean/1031event.html

6.申込締切
10月17日(日曜日)まで

7.主催
神戸市

8.協力
川崎重工業株式会社

9.問い合わせ先
神戸市企画調整局エネルギー政策課
ocean@office.city.kobe.lg.jp

10.関連資料(参考)
・募集チラシ(PDF:221KB)
・【高校生・大学生対象】将来、神戸の海の仕事に携わってみませんか?
https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/ocean/0425event.html

 

神戸市

star_border

お気に入り