身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」インタビュー記事を公開しました!

身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」
インタビュー記事を公開しました!

arrow_forward

超軟弱地盤における「NSエコパイル®」打設・引き抜きおよび「カルシア改質材」による支持力改良に関する実証実験を支援します

大阪府

報道発表資料

2021年12月2日

出典:大阪府 ホームページ

記事URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=43027

bookmark_border あとで読む

提供時間

14時0分

内容

 大阪府、大阪市、大阪商工会議所で構成する「実証事業推進チーム大阪(以下、「推進チーム」という。)」は、日本製鉄株式会社(以下、「日本製鉄」という。)が夢洲で実施する実証実験を支援します。

 

 今回の実証実験は、日本製鉄が開発した「NSエコパイル®」を夢洲内に打設し、一部は残置した後に引き抜き、埋立地盤における施工の可能性や鋼管杭(こうかんくい)自体の再利用の可能性を検証します。「NSエコパイル®」は、先端に螺旋(らせん)形状の開端羽根が付いた鋼管杭(こうかんくい)で、羽根の効果により、大きな押込み、引き抜き支持力を発揮します。

 また、カルシア改質材による支持力改良に関する実証実験では、万博会場予定地の造成工事で発生した浚渫土(しゅんせつど)にカルシア改質材を混合した改質土を残置し、同じく残置した改質前の浚渫土(しゅんせつど)と比較することで、地盤の支持力を向上させる効果を検証します。カルシア改質材は、製鉄時に発生する副産物の鉄鋼スラグを活用した改良剤で、浚渫土(しゅんせつど)などの軟弱土に混合すると、強度増強や水中投入時の濁り抑制効果があるとされます。

 

 なお、夢洲における他の実証実験については、推進チームが順次実施に向けた調整を進めており、スケジュールなど詳細が決定次第、発表する予定です。(別添「夢洲における実証実験実施候補者の進捗状況について」をご覧ください)

 今後も推進チームでは、実証支援の取り組みを積み重ね、大阪における新たなビジネス創出に取り組みます。

 

実証実験概要

1 実証期間:令和3年12月2日(木曜日)から令和4年7月末ごろまで  

    (注)実施期間は変更となる可能性があります。

2 実地場所:夢洲万博会場予定地(大阪市此花区夢洲中1丁目付近)

3 事業主体:日本製鉄株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋本英二氏)

添付資料

夢洲における実証実験実施候補者の進捗状況について (Pdfファイル、193KB)

 

夢洲における実証実験実施候補者の進捗状況について (Wordファイル、18KB)

資料提供ID

43027

大阪都市計画局  拠点開発室広域拠点開発課  ベイエリアグループ

ダイヤルイン番号:06-6210-9328

メールアドレス:kyotenkaihatsu@sbox.pref.osaka.lg.jp

大阪府

  • このページは各自治体のプレスリリースを元に作成されています。

  • 表示に乱れがある場合は、 お問い合わせフォーム からご連絡ください。

star_border

お気に入り