身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」インタビュー記事を公開しました!

身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」
インタビュー記事を公開しました!

arrow_forward

テレワーク・マスター企業支援奨励金 新コース創設のお知らせ

東京都

報道発表資料

2021年06月18日

出典:東京都 ホームページ

記事URL:https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/06/18/15.html

bookmark_border あとで読む

ロゴ画像

東京都は、感染症の拡大防止と経済活動の両立を図るため、人流の抑制に極めて有効なテレワークの定着に向け、中小企業に対し最大80万円の奨励金を支給する「テレワーク・マスター企業支援奨励金」を開始しています。
このたび、東京2020大会を契機にテレワークのさらなる促進を図るため、「3か月コース」に加え、新たに「1か月コース」と「2か月コース」を創設しましたのでお知らせします。この機会に是非ご活用ください。

「3か月コース」に加えて、新たに「1か月コース」「2か月コース」を創設!

1.事業概要 

  • 「週3日・社員7割以上」、1~3か月間テレワークを実施した企業を「テレワーク・マスター企業」として都が認定し、ホームページ上でPR
  • 「テレワーク・マスター企業」に対し、通信費や機器・ソフト利用料など企業が負担・支出した経費に基づき算定した最大80万円の定額の奨励金を支給

対象

常時雇用する労働者が1名~300名以下の都内中小企業等

要件

  1. 「テレワーク東京ルール」実践企業宣言に登録
  2. トライアル期間中(5月12日~10月31日)に、テレワークが仕事になじむ社員のうち、「週3日・社員の7割以上」、1~3か月間テレワークを実施 ※その他要件あり

奨励金額

3か月コースの場合

※小規模企業特例:10万円

テレワーク実施人数 奨励金支給額
70人以上 80万円
50人以上 60万円
30人以上 40万円
30人未満 20万円

 

※別紙 テレワーク・マスター奨励金の支給金額(PDF:201KB)

対象経費

通信費、機器リース料、ソフト利用料、テレワーク手当、サテライトオフィス利用料など、社員がテレワークを実施するために企業が負担・支出した経費

2.「計画エントリーシート」の提出期限等 

提出期限

  • 3か月コース:7月31日(土曜日)まで
  • 2か月コース:8月31日(火曜日)まで
  • 1か月コース:9月30日(木曜日)まで

事前に「テレワーク東京ルール」へ登録し、「計画エントリーシート」を提出する必要があります。
まずは、「テレワーク東京ルール」へご登録ください。

登録はホームページから

QRコードの画像1

QRコードの画像2

事業の流れ

  • 「テレワーク東京ルール」実践企業宣言への登録
  • 「計画エントリーシート」の提出
  • 取組実施
    「テレワーク定着トライアル期間(5月12日~10月31日)」中に「週3日・社員の7割以上」を1~3か月
  • 「テレワーク・マスター企業」認定、奨励金申請・支給

 

 

  • 奨励金の詳細はホームページ(外部サイトへリンク)から

    QRコードの画像

  • お問い合わせ先
    公益財団法人 東京しごと財団 雇用環境整備課 「テレワーク・マスター企業奨励金」事務局 
    電話 03-6734-1301(平日9時00分~17時00分)
    ※平日12時00分~13時00分、土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く

問い合わせ先

産業労働局雇用就業部労働環境課

電話 03-5320-4657

東京都

  • このページは各自治体のプレスリリースを元に作成されています。

  • 表示に乱れがある場合は、 お問い合わせフォーム からご連絡ください。

star_border

お気に入り