身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」インタビュー記事を公開しました!

身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」
インタビュー記事を公開しました!

arrow_forward

テレワーク導入実態調査結果をお知らせします!

東京都

報道発表資料

2020年09月14日

出典:東京都 ホームページ

記事URL:https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/09/14/10.html

bookmark_border あとで読む

東京都では、「新しい日常」の働き方であるテレワークの促進と定着に向けた取組を推進しています。このたび、テレワークの導入に関する実態調査を実施したので、結果についてお知らせいたします。

調査概要

調査時期

2020年6月30日(基準日)

対象

都内企業(従業員30人以上)

調査数

10,000社(無作為抽出)

回収率

20.3%(回答数2,034社)

調査結果のポイント

  1. 都内企業(従業員30人以上)のテレワーク導入率は57.8%。令和元年度の調査(25.1%)に比べて2.3倍に大きく上昇。大企業だけでなく、中堅・小規模企業においても導入が加速した。(2頁 図1)
  2. テレワークの導入効果は、通勤時間の削減や非常時の事業継続、育児・介護対応など、働き方改革や危機管理に関して、テレワークの導入効果を実感している回答が上位を占めている。(3頁 図2)
  3. テレワークの継続・拡大意向について、テレワークを導入した4割の企業は、テレワークを継続する意向をもっている。また、拡大意向もある企業は4割にのぼっている。(4頁 図3)
  4. テレワークの定着・拡大のために必要なことについては、「ペーパーレス、はんこレスなどの決裁の社内手続きの簡素化」や、TV会議システム等の「コミュニケーションツールの導入・充実」、サテライトオフィスなど「自宅以外の場所でテレワークができる環境」の回答が上位を占めている。(5頁 図4)

※別紙 テレワーク導入実態調査結果(PDF:632KB)

「『未来の東京』戦略ビジョン」事業
本件は、「『未来の東京』戦略ビジョン」を推進する先導的事業です。
戦略5 誰もが輝く働き方実現戦略「新たな時代の働き方支援プロジェクト」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:人材育成・活躍支援 プロジェクト名:スムーズビズの推進」

問い合わせ先

産業労働局雇用就業部労働環境課

電話 03-5320-4657

東京都

  • このページは各自治体のプレスリリースを元に作成されています。

  • 表示に乱れがある場合は、 お問い合わせフォーム からご連絡ください。

star_border

お気に入り