身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」インタビュー記事を公開しました!

身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」
インタビュー記事を公開しました!

arrow_forward

令和3年度新規 障害者のテレワークに取り組む企業の支援を開始します! テレワーク活用による障害者雇用促進モデル事業

東京都

報道発表資料

2021年04月15日

出典:東京都 ホームページ

記事URL:https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/04/15/03.html

bookmark_border あとで読む

東京都は、障害者雇用の促進に向けて、初めて障害者のテレワークに取り組む企業をサポートする事業を新たに開始します。
障害者を対象としたテレワークを導入するためには、障害に配慮した雇用管理とテレワーク環境の整備を一体的に進めることが大切です。
本事業では、障害者雇用の専門家とテレワーク整備の専門家が連携し、テレワークの導入から運用・定着までを継続的に支援するとともに、業務上必要な機器の導入費用の一部を助成します。

「テレワーク活用による障害者雇用促進モデル事業」の概要

モデル企業

テレワーク勤務を希望する障害者を初めて採用する企業
職場の障害者のテレワークを初めて推進する企業

実施規模

10社(従業員数1,000人未満の中小・中堅企業)

支援期間

2年間(令和3年度~令和4年度)

助成

テレワーク機器及び障害特性に応じた就労支援機器の費用を助成
助成上限110万円 助成率3分の2

募集期間

令和3年4月15日(木曜日)~6月30日(水曜日)

※支援の決定には審査があります。
※詳しくは東京しごと財団ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

QRコードの画像

事業の概要図

本件は、「『未来の東京』戦略」を推進する事業です。
戦略6 ダイバーシティ・共生社会戦略「障害者の暮らしの安心を守り、働き方をひろげるプロジェクト」

問い合わせ先

産業労働局雇用就業部就業推進課

電話 03-5320-4663

(公財)東京しごと財団障害者就業支援課

電話 03-5211-2318

東京都

  • このページは各自治体のプレスリリースを元に作成されています。

  • 表示に乱れがある場合は、 お問い合わせフォーム からご連絡ください。

star_border

お気に入り