身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」インタビュー記事を公開しました!

身近な公務員を取り上げる「KOMUIN Wiki」
インタビュー記事を公開しました!

arrow_forward

「NPOと大学・企業連携促進事業調査結果報告書」を作成しました

愛知県

報道発表資料

2021年3月4日

出典:愛知県 ホームページ

記事URL:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/syakaikatsudo/2020npo-tyousakekka.html

bookmark_border あとで読む

「NPOと大学・企業連携促進事業調査結果報告書」を作成しました

地域の多様化・複雑化する課題を解決するためには、行政やNPO・大学・企業等の様々な主体が連携・協働していくことが重要であり、県や市町村にはコーディネーターとしての役割が期待されています。

そこで、愛知県では、NPOと大学・企業の連携・協働の現状やニーズ、連携事例などについて調査を実施し、この度、調査結果をとりまとめました。

多様な主体との連携・協働の促進に向け、ぜひ御活用ください。

1 調査概要

アンケート調査とヒアリング調査の2段階方式で調査を実施

(1)アンケート調査(調査期間 2020年7月から8月まで)

  ア 調査対象

   ・愛知県・名古屋市が所轄するNPO法人 1,978団体<回答数481団体>

   ・短期大学を含む愛知県内の大学 59校<回答数40校>

   ・愛知中小企業家同友会の会員企業(4,188社)及び愛知県内に本社等がある企業

    (「CSR企業総覧」掲載企業など130社)<回答数300社>

  イ 調査項目

過去3年間の連携実績、連携のきっかけ、連携事例(主なもの3つまで)、連携に対する評価等

(NPO17問、大学20問、企業24問)

 

(2)ヒアリング調査(調査期間 2020年10月から11月まで)

  アンケート調査で把握された連携事例(NPOからの回答323件、大学からの回答52件、企業からの回答69件)

 の中から、連携の促進に参考となる11の事例を選定し、連携の成果等についてヒアリング調査を実施した。

2 主な調査結果

(1)アンケート調査

  ア NPOと大学

   ・過去3年間の連携実績

    大学と実績があるNPOは32.4%、NPOと実績がある大学は62.5%

   ・連携のきっかけ

    大学からNPOに話があった36.4%、NPOから大学に話があった60.0%

  イ NPOと企業

   ・過去3年間の連携実績 

    企業と実績があるNPOは31.0%、NPOと実績がある企業は16.3%(※)

    ※従業員数301人以上の企業は46.9%

   ・連携のきっかけ

    企業からNPOに話があった32.7%、NPOから企業に話があった42.9%

  ウ 連携に対する評価

   ・NPO

    連携先との結びつきが強化された64.9%

   ・大学

    学生の新たな学習機会につながった72.0%

   ・企業

    自社のイメージアップにつながった57.4%

(2)ヒアリング調査

   アンケート結果の詳細を調べるため、連携の成果等についてヒアリング調査を実施したところ、

 以下のような意見が得られた。

   ・NPO

    従業員や学生を受け入れたことで、自分たちにはない発想をもらい、考え方が広がった。

   ・大学

    学生が地域とつながることで、自分一人ではできない問題解決方法が見えてくる。

   ・企業

    従業員の仕事に対する見方が広がり、成長している。

3 調査結果報告書

「NPOと大学・企業連携促進事業調査結果報告書」 [PDFファイル/3.75MB]



社会活動推進課NPOグループ名古屋市東区上竪杉町1 ウィルあいち2階Tel:052-961-8100Fax:052-961-2315

愛知県

  • このページは各自治体のプレスリリースを元に作成されています。

  • 表示に乱れがある場合は、 お問い合わせフォーム からご連絡ください。

star_border

お気に入り